ブラック施設かどうかを知る事

ブラック施設が少なくないとも言われている介護の現場では、これから働こうと考えている方も、今働いている方も環境に対して理解をすることが重要です。ブラックという単語があると、それだけで良くない施設であるというイメージが付きまといます。実際にどのような施設だとブラックと呼ばれる可能性が高いのか、特徴を確認しておくことも自分のために大切な事です。これから働く予定にしているのであれば、求人情報をチェックしてみましょう。何度も同じ会社が求人を出していたり、同じ業種よりも給与があまりにも高くなっているというのは注意しておくべき要素となります。ハローワークであれば離職率を聞くことで事前の対策も取れるので、給与などの条件だけに囚われないように気をつけなければなりません。

見学に行く機会があれば、施設の雰囲気も良く見ておきましょう。笑顔があって挨拶もあるというところは安心できますが、スタッフや利用者が暗い雰囲気になっているのは良くないと判断できるのではないでしょうか。大丈夫だろうと思って就職を決めた後も、ブラックかどうかは自分でよく施設の環境を見ておくように心がけましょう。人間関係の風通しの良さはもちろんですが、シフト関連も見ておく要素となる。不自然に連勤状態になっていたり、タイムカードを見て残業代がきちんとつけられているのかも見ておかないと、後で泣き寝入りをすることもあるからです。自分でもしっかりとアンテナを立て、ブラック施設かどうか見極めて仕事ができる環境を掴みましょう。もし、どう対処すれば良いのかわからないというのなら、このようなサイトを参考にしてみましょう。